相続に関する悩みは弁護士に相談しよう

相続のことで将来トラブルを抱えたくないという方は、弁護士の相談するといいでしょう。多額の遺産があると、それまで仲良く過ごしてきた親族との間にヒビが入ってしまうことがあります。そのようなことを未然に防ぐためにも弁護士に相談して、しっかりとした遺言書を作成しておく必要があります。相続には法定相続と指定相続がありますが、あらかじめ遺言書を作成しておけば遺言書の内容通りにすることができます。

現金だけでなく価値のある骨董品や土地等の不動産も含まれます。遺言書がない場合は親族同士で話し合って決めることになるので、どうしてもトラブルが発生しやすいのです。弁護士がいる法律事務所に行くと初めに無料で相談できることが多いので、実際に作成を依頼するかどうかは相談しながら決められます。実際に遺言書の作成を依頼した場合の費用は、それぞれの法律事務所によって異なります。

ある程度の相場を知っておくと依頼がしやすくなるので、どの程度のお金がかかるかを事前に確認しておきましょう。自筆で遺言書を作成する場合は、五万円程度の報酬になります。公正証書で作成する場合は高くなるため、十万円から十五万円程度の報酬を支払うことになるでしょう。この金額はあくまでも相場ですから、もっと安い費用で依頼できることもありますし、さらに高くなることもあります。

個人的に遺言書を作成した場合は無効になる可能性もあるので、弁護士に相談しながら作成することには大きな意味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*