相続相談は専門の弁護士に

相続の手続きが必要になった時、誰に相談するのか分からないという方がいます。内容にもよりますが、単純に不動産や財産を法定相続するだけであれば一括して司法書士に依頼することが出来ます。けれども相続人同士の争いにより、調停や審判などの裁判所での手続きが必要な場合には、代理人となることが出来るのは弁護士だけです。内容や相続人が複雑な場合には、生前から弁護士に相談しておくことで、予め問題を最小限に抑えることが出来ます。

争いが起きるはずがないと確信している家庭でも、資産の内容が多いほど、また資産の金額が大きいほど、家族間で争いになるケースが多いようです。仲の良い家族であったにもかかわらず、ことお金のことになると人が変わることもしばしばです。特に資産が多いということがなくても、普段から弁護士や司法書士などに相談できる環境を作っておくことも良いのではないでしょうか。相続の手続きや登記は、自分ですることも出来ますが、心労に加え煩わしい問題や法律にかかわる事柄を処理するためには、専門家の知識が有ると無いとではかかる時間も違います。

資産だけでなく税金の問題でも、無駄な手間や時間を使わなくて済むように、専門家による適切なアドバイスを受けることは良い選択と言えます。一般家庭では、弁護士にかかわることなどあまりないと思いますが、必要になってから慌てて探すよりも前もって探しておくだけでも余裕ができます。知り合いに聞いてみる、またインターネットからでも探すことが出来ますので、気になる弁護士を見つけたら実際に話をしてみると、相談しやすいか信頼できそうかが分かります。ホームページを見ただけではどのような人なのかということまでは分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*