相続問題に関しては早めの弁護士相談がお勧めです

遺産問題においてトラブルが発生しやすいのは、遺産を受け継ぐべき相続人に法律に関する専門知識が不足しているのに主な原因があります。その知識不足を補ってくれるのが、法律のプロであり遺産問題に強い弁護士です。相続に関して何か問題が生じたときに手をこまねいて放置していると、結果的に大きな損害が発生することになりかねません。本来受け継ぐべき権利を有していた遺産を相続できなかったり、場合によってはマイナスの財産を背負い込む羽目に陥ったりします。

そのような事態を回避するためにも早めの弁護士相談が求められるのです。遺産には不動産や株式、金銭といったプラスの財産だけではなく、場合によっては借金や保証債務、未払利息といったマイナスの財産も含まれる事を忘れてはいけません。プラスの遺産よりマイナスの遺産が多いときには、遺産を何も受け継がない相続放棄という方法があります。この選択自体、弁護士に相談してはじめて知ったという方は少なくありません。

遺産を放棄するには、相続が開始されたことを知った日から三ヶ月以内に家庭裁判所へ申請しなければなりません。弁護士への相談が遅れてうっかりマイナスの遺産を受け継ぐことのないよう注意しなくてはなりません。遺産をそのまま受け継ぐ方法を単純承認と言います。それ以外にも財産にプラス分とマイナス分があり、差し引きプラス分のみを継承する限定承認という方法もあります。

これも三ヶ月以内の家庭裁判所への申請が必須です。財産の整理と洗い出しには専門家の協力は不可欠で、どちらにしろ遺産問題における弁護士への相談は早ければ早いほど良いと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*