相続弁護士について考えてことはありますか?

皆さんは相続について考えてたことがあるでしょうか?亡くなった人の「財産・権利・義務」などを一定の家族が引き継ぐ事を言います。法定相続分によりますと、遺言に基づく指定相続分による場合があって、遺言がある場合その遺言が優先されます。「家・土地」などの不動産、あるいは権利や金銭といった財産を継承するだけではなく、借金に関しての負債も継承することになるのです。要するに価値ある財産、プラスの財産、又は借金の負債といったマイナスの財産を引き継ぐ場合もあるという事なのです。

基本的に財産の対象となるのは、「土地・家」などの「不動産・預貯金・有価証券・絵画とった美術品・貴金属の財産」、住宅ローンや借金のマイナス財産など非常に様々です。開始は、人が亡くなることによって開始されます。自然史による場合と、法律で死んだと判断される失踪宣告・認定死亡が挙げられます。失踪宣告に関しては、一定要因の下に被相続人が死んだものとみなす手続きです。

基本的には「7年」で死んだものと判断されます。それ以外に事故や災害の場合では、1年で死んだものと判断されます。認定死亡に関しては、死亡が確実でも死体が確認されない場合には市区町村の官公署におき、市区町村長に死亡報告をすることとしており、これで戸籍上死んだものとして記載する手続きを意味しています。皆さんにもいつ相続に関しての問題が訪れるか分かりませんので、準備は早めに弁護士の先生に相談する方が得策でしょう。

弁護士の先生はいつでもあなたのご相談をお待ちしておりますので、是非弁護士事務所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*