相続で弁護士が必要な場面とは

基本的に相続については当事者が手続きを行うことが可能ではあります。特に争いのない相続の場合は比較的簡単な手続きで済むことになるので、当事者でもすることができるものでもあるのです。しかし、争いになってしまっている場合は弁護士などの専門家の関与が必要になります。特に財産の分割の仕方で問題が発生するのであれば、調停や裁判という形になることがほとんどですから、そういった時には弁護士にかかわってもらったほうが良いでしょう。

特に調停で解決せずに裁判に進んだ場合は、素人が裁判を進めるのは難しいものですから、必ず弁護士を立てるようにしたいものです。裁判からかかわってもらうよりは、はじめから関与していてもらう方が話がスムーズに進むことになります。相続の場合は、当事者同士が争うとその後に禍根を残すことになります。細かいやり取りは弁護士を通して行っていくほうがその後の関係を壊しにくいといえるでしょう。

相談に行く際には、戸籍など相続関係が分かるものを揃えていくと話がスムーズです。財産などもわかる範囲でメモしておくとよいでしょう。また、遺言などがある場合はそれも持っていくとよいでしょう。封がしてあるものはそのまま持っていくようにしましょう。

検認という手続きがあるため、それが終わるまでは勝手に開いてはいけない場合があります。遺言を見つけるとつい開いてしまいたくなりますが、まずは弁護士に相談してからにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*