交通事故の慰謝料の増額は弁護士に依頼

交通事故に遭遇したならば大怪我をしてしまう事も多いです。そのためには治療も必要ですし、社会人ならば怪我が回復するまでに長期間休まなければならない事もあるでしょう。他にも後遺障害が残ってしまった場合は、事故をするまでとそれからでは生活が全く変わってしまうことも珍しくありません。つまりお金がとてもかかってしまうでしょう。

そのために慰謝料はなるべく大きな額を貰った方が良いのは当然です。交通事故による慰謝料の金額を増やしたいならば、算定基準の中で高い物を選ぶ必要があります。自賠責保険や任意保険、裁判所等の基準があるのですが、この中で一番大きい金額が算定されるのが裁判所基準です。裁判所でのこれまでの判例に基いて、慰謝料が決まって来るのですが問題は法律の知識が無ければ、加害者の保険会社の担当者と交渉をしようとしても話にならないケースが非常に多いという部分です。

だから弁護士に依頼をしなければなりません。弁護士に相談をすれば、相手の保険会社が任意保険基準で賠償金や慰謝料の金額を提示しても意味は無くなります。もし裁判になった場合には、裁判所の判例に基づいた賠償金になることが多いからです。さらにこれまでの判例はとても大きな力を持っていますので、保険会社も渋々でも支払わざる負えなくなります。

交通事故の被害に遭遇したのならば、弁護士にまずは操舵をするのが良いでしょう。慰謝料以外の逸失利益等、他の賠償金も増額出来る可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*