交通事故の慰謝料と注意点

交通事故にあった場合に、相手から支払われるのが慰謝料です。まず気になるのが金額かもしれませんが、これには2つの種類があります。入通院をするために払うものと、後遺症に対して支払うものです。入院慰謝料は自由に決められるものではなく、いくつかの基準があり、それに従って計算することになります。

具体的には3つの基準があり、自賠責基準と任意保険基準、弁護士基準です。自賠責基準の場合には、1日4200円となっています。日数については、入院は単純に入院した日数を計算します。通院については、実際に通院した日数を2倍にしたものと、最初と最後の通院日までの期間を比較して、少ない方を日数として計算されます。

任意保険基準と、弁護士基準については、独自の記事運があります。交通事故で、保険会社と揉めることがありますが、実際には慰謝料のことで揉める要素はほとんどありません。金額の多い少ないで揉めるのは、基準があるということを知らない場合です。基準について知っていれば、後はどの基準を適応するかが問題となるだけです。

弁護士基準については、他の基準よりも比較的高いですが、複雑な部分があるため弁護士に依頼する必要があります。弁護士に依頼する場合には、弁護士費用が別途かかる為、よく検討する必要があります。後遺症慰謝料については、後遺症と認められた上で、認定された等級に応じて金額が決められています。最近は算定する機構の認定が厳しくなっている為、事前に交通事故の専門家へ相談した方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*