遺産相続の権利と知識

遺産は、故人が遺言状を残しているかどうかでも、財産分与に差が出ます。遺言状の作成は、弁護士、行政書士、司法書士、などに相談されると詳しく説明もしてもらえます。遺言状の有る無しで遺産相続の財産分与は、大きく変わります。例えば現在でも、家長、つまり長男など、跡取りとなった者のみに財産を相続することが、暗黙の了解の家もありますが、法律的に効力を発揮させたいのなら、その場合は、財産は早めに、生前贈与されておくことで、亡くなった後に、子供達が遺産を巡って争うことを避けることが出来ます。

生前贈与にも非課税枠があります。金額によって税金の対象となります。その税のことを、贈与税と言います。亡くなった後には、ご自分の最後まで看てくれた子に財産を譲りたいとお考えなら、弁護士、司法書士、行政書士に遺言状を預けておくのもお勧めです。

また、故人の財産である銀行の預金通帳からお金を払い戻しされる場合は、その故人の配偶者、子全ての認め印が必要となります。子の一人が既に亡くなっている場合に、亡くなった子供に、配偶者、子が存在している場合は、その方達の認め印も必要となります。このように財産分与の手続きには、労力が必要となります。また、故人に借金が残っている場合には、故人の財産を相続したものに支払いの義務が生じたりします。

遺産相続をする場合には、借金の有無も確認して遺産相続をされてください。故人の保険金は、保険金受取人に指定された方へ支払われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*