遺産相続のトラブルについて

遺産相続におけるトラブルは他人事ではなく、誰の身にもふりかかる可能性のあることです。自分の家は金持ちではないから大丈夫だろうと考えるかもしれませんが、遺産相続は裕福な家だけの問題ではありません。どういったトラブルが多いかというと、亡くなった両親の財産が、実家の土地建物と少額の金融資産だけという場合です。一軒家は分割することができないので、兄弟姉妹で争いの原因になりやすいのです。

解決方法としては、家を売却してお金に換えてから相続人で分割する方法や、家を相続した人が他の相続人にお金を支払う方法などがあります。また、相続人が思いがけず増えるというトラブルもあります。兄弟姉妹だけで遺産を分けようとしたら、親が生前に養子縁組した人や全く面識のない非嫡出子が現れるというケースです。相続人の数が多ければそれだけ、トラブルや争いは発生しやすいと考えられます。

他には、親が管理していた銀行の口座が分からなかったり、家の中のどこに現金や価値のあるものが置かれているのかを、知っている者がいないという問題が起きることがあります。どのトラブルにもいえることですが、避けるためには、親の生前に遺産について、家族全員でしっかりと話し合うことが大切です。遺産については話題にしにくいことではあります。しかし、遺産相続が円滑に行われるように配慮することは、親の義務や責任であるといえます。

義務を放棄すれば、遺産をめぐって家族は仲たがいし、絆は破壊されてしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*