遺産相続手続きの流れ

遺産相続は、亡くなった人の銀行預金や保険金、不動産などを相続によって受け継ぐことで、亡くなった人を「被相続人」と呼び、遺産を受け取る人を「相続人」と呼びます。遺産相続は、被相続人が亡くなるのと同時に開始されて、相続人が知らなくても自動的に受け継がれます。相続人が複数いる場合には、遺産は全相続人の共有になり、全員で協議して分割方法を決めるまでは、誰も処分することはできません。相続が発生したら、まずは遺言書の有無を確認します。

遺言書がある場合には、その内容が優先されますが、相続人の最低限の相続分(遺留分)は保障されます。遺言書がない場合には、法定相続人が遺産を相続します。遺産の内容は、預貯金や不動産などプラスの財産の他、ローンや借金などマイナスの財産も全て含まれますので、これらをまとめて財産目録を作成します。遺産相続には、遺産を全て相続する「単純承認」、条件付きで相続する「限定承認」、相続権を放棄する「相続放棄」の3種類あり、相続人は相続の開始を知ってから3ヶ月以内にどれか1つを選びます。

その後、相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産の配分を決めます。遺産分割協議で決まったことは、法定相続分より優先されます。分割協議で合意に至らない場合には、調停や審判で決定することになります。遺産分割が決定すると、相続税の計算を行い、申告と納付を行いますが、相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内の申告と納付が義務付けられていますので、速やかな手続きが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*