民法で認められてる遺産相続人

通常、人が亡くなったときにその故人が保有していた預貯金や不動産、株券などの資産は全て故人の家族や親族が引き継ぐことになります。民法では、その引き継ぐことができる血族の順番や分配の割合について詳細に書かれています。民法では、故人との交流の深さは考慮せず、純粋に血縁関係の順番で相続人を決めています。そのため、ケースによっては故人とは生前面識がなかった親族が遺産相続することもありえます。

遺産相続の基本としては、故人の配偶者はどのような場合であっても相続人になることができ、その次に故人の子どもが第1相続人になります。配偶者は、内縁の場合は遺産相続の権利は認められません。たとえ、何十年も一緒に夫婦同然に暮らしていたとしても、2人の間に子どもがいたとしても籍が入っていない場合は他人と同じ扱いになり、遺産は引き継ぐ権利はありません。例外として、ほかの相続の権利をもつ親族が全員相続放棄したり、生存しておらず、親族の相続人がみつからない場合には、家庭裁判所に「特別縁故者」として申し立てを行なえば、財産を相続できる可能性はあります。

また、故人が生前に遺言書を作成しており、内縁関係の相手に対して、財産を残す旨を記述していれば、相続することは可能です。配偶者の次に相続の権利がある子どもの場合も、民法では血のつながった実子と法律上の親子として手続きした養子を相続人としています。そのため、再婚相手の連れ子や義理の娘にあたる嫁には相続権はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*