遺産相続をめぐるトラブルについて

遺産相続でもめてトラブルに発展する例は一般家庭でも起こりえる問題です。一度もめ始めてしまうとさまざまなデメリットが生じます。預貯金がおろせず、財産の有効利用がしにくいです。相続税の控除が使えず納付税額が増えてしまいます。

不動産売却や建て替え、修繕もできず、立てかえしていた費用の清算もできません。弁護士に依頼する費用の発生や、家庭裁判所においての調停による長期化もおこります。これらのデメリットでさらに家族同士の仲も悪くなり、全員が損をする結果になってしまうのです。これを防ぐためにはまずはコミュニケーションをきちんととるようにしましょう。

遺産相続の場合は特に長男が中心となって行う場合が多いので弟が不安や不信感を持たないようにするためにもスケジュールをきちんと早く伝えたり、お金の出入りを帳簿につけたり、弁護士や税理士などの第三者に財産目録をお願いするなどするようにして揉め事の火種をできるだけ少なくしましょう。兄からではなく父から遺産相続はされるので、長男は弟に協力してもらうようにしましょう。財産を分けてやる、という姿勢は反発を生みます。同居と別居で苦労の違いはあります。

同居は家賃が掛からないかわりに介護の苦労がありました。別居はそういった苦労からは開放されていましたが家は自分たちで構えなければなりません。お互いにありがとうの気持ちを伝え合うことで信頼関係や譲り合いの心が生まれるのです。兄弟でも今は別々で暮らしているし、それぞれに家族がいる場合が多いです。

しっかりコミュニケーションをはかり遺産相続を円滑に進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*