自走式駐車場とは何か

自走式駐車場とは立体駐車場の1つであり、駐車スペースまで利用者が運転して車を運ぶタイプになります。
立体なので平面駐車場と比べて少ないスペースに多くの車を駐車させられるメリットがあります。

自走式駐車場の情報はこちらのサイトです。

機械式駐車場と比べると移動するためのスロープの設置が必要になるため大型化してしまいますが、車を昇降させるための機械がないので故障によるトラブルの心配やメンテナンスの手間がかからず、他の人が車を出そうとしているときに待たされることもありません。
自走式駐車場は集合住宅で使われるような2階建て程度の小規模のものから、商業施設で使われるような3階以上の大型のもの、地下に駐車するものなどがあります。



駐車場の最上階は屋根がないものが多いですが、それ以外の階であれば屋根があるため雨風を凌ぐこともできます。



自走式駐車場と機械式駐車場のどちらを導入するのが適しているかはスペースや安全性、維持などがポイントになります。

自走式駐車場はスペースを取るので初期費用はかかりますが、メンテナンス費用が安くなります。
機械式駐車場は省スペースですが、メンテナンス費用が掛かります。

長期的に見るといずれも費用は掛かってしまうので、スペースを確保できるかどうかで検討しても良いでしょう。また、自走式駐車場は機械を使わないので住人の誤操作による事故が起きる危険性がなく、将来的に車の保有率が減ってメンテナンス費用を捻出できなくなり、故障が頻発する事態を避けることもできます。