自走式駐車場にはどのような種類があるか

自走式駐車場は機械を使わずに車を走らせて駐車させる立体駐車場であり、駐車場だけを建てたり、商業施設の高層階や地下に建てたりします。

構造としていくつかの種類があり、建設メーカーで若干の違いはありますが、フラットタイプ、スキップタイプ、連続傾床タイプの3つがよく使われています。

自走式駐車場を情報を幅広くご活用下さい。

フラットタイプは自走式駐車場では基本的な構造のもので、各階層をスロープで結んでいるものです。

平坦になっているので駐車しやすく、スロープと駐車スペースが分離しているので事故が起きる危険性も少ないですが、駐車台数は少なめになります。


また、スロープの勾配を抑えるため、長さが必要になります。そのため、広い土地を確保できるような場合に適している形式です。スキップタイプは広い土地が確保できなくても有効に使えるようにした自走式駐車場です。

各階層の間に中間層を組み合わせた構造であり、スロープが半階層分あれば十分になります。



このタイプも床が平坦になるため駐車しやすい形式になります。

連続傾床タイプは駐車スペースとスロープが一体になったような構造です。



床全体に傾斜が付いたスロープになっているのでスペースが有効に活用されており、面積当たりの駐車台数が最も高くなるのが特徴になります。

ただし、床が傾いているので駐車がしにくくなっているため、商業施設などで利用するのには向いておらず、狭いスペースに多くの車を駐車することを重視する際に利用される形式です。