外洋に出るなら船舶免許が欲しいところ

小型船舶免許を取って海を満喫

日本は四方を海に囲まれ、非常に美しい海もたくさんあります。海岸沿いには高級リゾートホテルなどが立ち並び、毎年のようにここを訪れる人も少なくありません。美しい海を眺めたり、潮騒を聞き入り都会の喧騒を離れ、心身を浄化する人も多いです。しかし今年はさらにもっと海を満喫してみる元をお勧めします。

もし海を自分で航海できればどれだけ楽しいだろうと思った人も多い事でしょう。海を船を操縦し、航海することはそれほど難しい事ではありません。小型船舶免許を取得すれば、誰でも船を操縦し大海原を航海できるのです。しかし小型船舶免許は取得が難しいともう人も少なくありません。

だが実際はこれほど取得が簡単だとは思わなかったという人が後を絶たないのです。小型船舶免許は認可された学校で、所定時間学科と実技を受けてしまえば国家試験免除でライセンスが付与されます。特殊免許に至っては6時間の学科と、1.5時間の実技の身で良く一日たらずで取得できるのです。一級は24時間の学科と4時間の実技、二級は12時間の学科に4時間の実技を受けなければなりません。

いずれにしても一日もしくは二日で取得でき、航海ができるので最近特に注目されるライセンスとなっています。ただし年齢制限がありそれを満たしていなければ取得できません。一級は満18歳以上、二級と特殊は満16歳以上となっているのです。一級は海の全域を航海できることになり、海を満喫することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です