自走式駐車場を運営する際の注意

クルマの車種と駐車場

category01

都市部では駐車場代の負担がクルマ離れの一因といわれていますが、少ない設備投資で始められて、やめるときのリスクも少ない駐車場経営は土地の所有者には魅力です。
また、機械式や立体駐車設備の普及で供給量は増え、価格競争も起こっているのは、利用者にとってはうれしいことです。ところで、最近の車のトレンドは、コンパクトなのに車内が広い車が人気です。コンパクトボディなのに中が広いと感じる車は、車高が高い車です。


ワンボックスや大型セダンなど、はじめから大きいとわかっている車は、駐車場の制限にも気を付けますが、背が高くてもコンパクトな車種では、オーナー自身が大きさに自覚を持っていないため、駐車場の制限に注意が及ばないことがあります。

車の高さが1550センチを超えると、一般的な機械式駐車設備の制限におさまらないので、注意しましょう。駐車場の賃貸契約は、初期費用は、敷金1カ月分で礼金が不要など、一般的な住居の賃貸契約よりは金額も少ない場合が多いことに加えて、引越費用も必要ありません。

賃貸住宅では、引越し後に、原状回復費用などの請求を受けることもありますが、車の場合は、相殺される費用もないので敷金も全額返金されます。

駐車場の様々な情報を掲載しています。

自分の車種に合わせて、合理的で手ごろな条件の物件を見つけたら、短期間で移転をしても経済的メリットはあります。



または、近隣の割安な物件の条件を、現在契約しているオーナーに価格交渉してみるのも効果的です。



駐車場のおすすめ情報

category02

駐車場にはさまざまな種類がありますが、その中の一つである自走式駐車場は、利用者が自分でスペースをみつけて車をとめる形式になっている2階層以上の駐車場のことを指します。ショッピングモールなどの大型小売店や高層ビルなど、普段から利用する人数が多くなることが予想される施設の多くに設置されています。...

subpage

駐車場の納得の事実

category02

自走式駐車場は機械を使わずに車を走らせて駐車させる立体駐車場であり、駐車場だけを建てたり、商業施設の高層階や地下に建てたりします。構造としていくつかの種類があり、建設メーカーで若干の違いはありますが、フラットタイプ、スキップタイプ、連続傾床タイプの3つがよく使われています。...

subpage

駐車場の最新考察

category03

自走式駐車場とは立体駐車場の1つであり、駐車スペースまで利用者が運転して車を運ぶタイプになります。立体なので平面駐車場と比べて少ないスペースに多くの車を駐車させられるメリットがあります。...

subpage

知りたい駐車場事情

category04

自走式駐車場とは、その駐車場に駐車する車両が所定の駐車位置まで自ら走行して駐車する仕組みの駐車場です。自動車の走行する走路と駐車する枠を確保すれば良いことから最も設備にかかる費用が安く運営することができると知ってこのタイプの駐車場は非常に多いものですが、自走式ならではの注意点も多々あるのでその点を十分に意識して運営することが必要です。...

subpage