外洋に出るなら船舶免許が欲しいところ

小型船舶免許を取って人生を充実させる

人生は長いようであっという間に終わりを告げます。家族のために仕事に邁進していたら、知らない間に定年退職を迎え人生の後半戦に突入しているのです。しかし仕事ばかりに邁進していると定年退職後の持て余す時間をどのように過ごしていいのかわからず、困惑する人も少なくありません。この場合、今までできなかったことや興味のあることを精一杯して残りの人生を充実させると良いでしょう。

例えばずっと海が好きで、夏休みだけマリンリゾートなどに行っていた人は、より海を満喫するように小型船舶免許などを取得してみると良いと言えます。小型船舶免許を取得すると海を縦横無尽に航行でき、海を隅々まで楽しむことができるのです。老後の楽しみとしても最適で、自分で操縦していった先で海釣りなども楽しむことができます。小型延泊免許にチャレンジするということは、痴呆症や認知症の予防にも役立ってくれるでしょう。

小型船舶免許は、国家試験免除で取得することができ、比較的難易度も低いのでおすすめなのです。小型船舶免許は自動車教習所の様な学校に通い、そこで所定の時間学科と実技を受講し修了すれば、ライセンスが付与されるようになっています。取得の条件は健康状態が良く、決められた年齢以上であることが条件なのです。小型船舶免許一級を取得すると大型バス二台分の大きさの船を操縦でき、海全域を操縦することができるようになります。

夫婦で船に乗り特別な時間を過ごすのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です